最先端の若返りビジネス

【体験談】ティエンズに勧誘された時の話と断り方まとめ

ティエンズ
この記事は約6分で読めます。

「久し振り!元気にしてる~?ちょっと今度久しぶりに会わない?」と友人から久々の連絡がきて嬉しく思っていると…

実際に直接会ってみて、懐かしい思い出に話が盛り上がり、ランチの約束をして、世間話をしていました

しかし、徐々に副業やビジネスといった話になっていきました…

 

これはネットワークビジネスに勧誘する時のよくあるパターンでした…

久しぶりに連絡が来て嬉しく思っていたのに…

勧誘されるために呼ばれたのか、見込み客リストに入ってたのか…と悲しい気持ちになってしまいました

断りたいけど友達との関係が悪くなるのも嫌でしたが、副業やビジネスには興味がなくて断りたかったけど断って気まずくなのも嫌でした。

どう断ったらいいのか分かりませんでした。

実はMLMを断る際に絶対にやってはいけない行動、行ってはいけない場所があるのを当時の私は知りませんでした。

ここでは、多くの人が悩んでいる「ティエンズに勧誘された時の断り方」についてお教えしたいと思います。

ネズミ講ではないのか?

まず、ネズミ講とネットワークビジネスの違いはご存じでしょうか?

物があるか否か、つまり商品の流通が目的であるかどうかです。

会員として入会し、物を売る権利を得ることが出来れば、物を売って儲けることが出来ます。

誰かを勧誘し、勧誘した相手が商品を購入する度にお金がもらえます。

この仕組みは、物が介在し、商品の流通が目的であるために合法なんです。

 

しかし、会員費用を払いうことでグループに参加し、他の人を勧誘したときにお金をもらうと言う仕組みは、お金の持ち主が変わるだけであり、物が介在しないためネズミ講になり違法です。

もし、その勧誘がネズミ講であれば、無限連鎖防止法によりその友人は処罰されることになります。

どんなタイプの人が勧誘されやすいのか


従来の口コミネットワークビジネスは100人リストを作成します。

この100人リストは口コミで勧誘する相手をリストアップしていくことです。

この100人リストは友人・知人・親戚、連絡帳に入っている人全てが対象になります。

そして、勧誘する側になった時のことを想定してみましょう。

どんな人に勧誘の話がしやすいですか?

人当たりの良い、気の弱そうな人、優しそうな人を選びませんか?

もしあなたが当てはまっている場合、「勧誘しやすいターゲット」にされてしまいます。

ティエンズ勧誘ABCの実態とは?


ネットワークビジネスで業界でよく勧誘の際に使われるテクニックにABCというものがあります。

ABC勧誘というのは

A⇒Adviser(説明する人)
B⇒Bridge(勧誘してきた人)
C⇒Client(あなた)

となります。

Aさんはネットワークビジネスの熟練者であり、契約を取ることが自分の収入にも繋がるので真剣です。

契約すると言うまで説明し続けるようなことになり兼ねないこともしばしば…

 

ただし、これはひと昔のやり方となっています。

今、このやり方をすると法律違反になります。しかし、ネットワークビジネス会社の中には契約を取る為に法律違反と知りながらもこの方法を指導しているところもあります。

現在の正しいやり方として、事前にネットワークビジネスの勧誘の説明だと伝えておかないといけません。

もうひとつの大事な要点として、最初に会った段階では無理にネットワークビジネスの勧誘をしてはいけません。

さりげなく仕事の話、悩み、最近困っていること、将来について喋ったりして親睦を深めます。

まず、この段階だと露骨にネットワークビジネスの勧誘をしてきていないので断りようがないです。

そこで、話の途中で違和感を感じたら「何か別の目的があった?」とストレートに聞いてみましょう。

もし、あなたがティエンズのビジネスに興味があるのなら、冷静に話を聞いてみてもいいかもしれません。

その際疑問はしっかりと質問しましょう。

ティエンズの勧誘の上手な断り方


ただ、仲の良い友達だから、お世話になっている先輩だからといって軽々しく承諾することは絶対避けましょう。

厄介なことに、優しい人達だと「断りにくいな」「ちょっと聞くくらいなら」と思うかもしれません。

しかしキッパリ断っておかないといけません。

興味がなければ、その場でハッキリと断ることが大切です。

もし、勧誘してきた友人と今後も関係を続けていきたいのなら、

・ティエンズビジネスや商材の否定はしないこと

・友人のアップラインの否定はしないこと

この気遣いは非常に大切です。

あなたにとってティエンズや商材に興味がなくても否定はしないでおきましょう。

このことを理解したうえで、尚もハッキリとストレートに断ることが必要です。

中途半端な断り方では、ABCのAさんにうまく丸め込まれてしまう可能性があります。

曖昧な態度だと可能性があると思われて勧誘の話が続いてしまいます。

反する際に中途半端な理由を伝えてはいけません。

「親切に勧誘してくれたことはよく分かったけど、私はこのビジネスや商材に興味がない」

もし、ストレートに断っても、しつこく勧誘してくるようであれば、それは法律違反だと相手に伝えましょう。

ティエンズの勧誘のダメ断り方


では、やってはいけない断り方をお教えします。

・後で考えるね

・家族に相談してみる

・お金がないから

・時間がないから

・忙しいから

こんな無難な中途半端な断り方では相手はまだ可能性があると思ってしまいます。

ネットワークビジネスの熟練者はこんな言い訳は沢山聞いてきました。

反論や対処には慣れており、そこから再び勧誘するための話にうまく切り替えてきます。

その為、逆に追い詰められることになります。

「逃げてばかりだと人生の敗北者として終わってしまうよ」

「決断を先延ばしてもいいことない」

「家族に相談?自分のことは自分で決めるべきだよ」

「時間がないなんてありえない」

「今が変わるチャンスだよ!」

「自分の人生は自分で切り開かないと」

「お金がないからじゃなくて、やりたいのか、やりたくないのかが大事」

こうやって畳み込まれて説得されるだけです。

気の弱い人はもう契約に持っていかれちゃいます…

まとめ


仲の良い友人からティエンズに勧誘されると、断るのには結構勇気が要りますよね。

断って、その友人との関係が悪くなってしまうことを想像しますもんね。

下手な言い訳はしないで、ストレートに飾らないで言い訳もせず断りましょう。

断れなかったばかりに、そのビジネスに労力とお金を使い、友達とお金を失ってしまった・・・

なんてことにならないよう、やりたくない場合には「断り方」を思い出して断りましょう!

  • キッパリ断る
  • 曖昧な返事はしない
  • 二度と勧誘させない
  • 友人関係を続けたいなら考えるべきことがある

 

法に触れる勧誘はできないので引き下がってくれるでしょう。

 

100以上の特許!
100ヶ国以上で取り扱われている
競合がいない最新ビジネス!
・アンケートに答えて諸経費を提供
・世界初の100種類の特許をもつ
・全米のTV、雑誌や新聞に取り上げられ大注目のビジネス
・非薬物技術でアスリート、トレーナー、医療従事者、一般の方々からも関心を集めている。
・100ヶ国以上で取り扱われ、80以上の研究、100以上の特許があり競合がいない。詳細はこちら

若返りのNMNビジネス

若返りビジネスを始めませんか?
「低予算!」「高収入!」
「月々の定期購入なし」
「有名人も愛用」
最短で月収100万円を目指す!
ティエンズ
権利収入型のビジネス
タイトルとURLをコピーしました