最先端の若返りビジネス

友達にリーウェイに勧誘された時の断り方!

リーウェイ
この記事は約8分で読めます。

「久し振り!元気にしてる~?」と昔の友達から突然の連絡がきて、久しぶりに会おうと言ってきました。

 

久しぶりということで、予定を決めて会って話をすることに!

 

しかし当日、世間話をしているうちに話が変な方向に…加えてビジネスを一緒にしているという人も来て2対1で話すことに…

 

なんて経験ありませんか?

 

そうなんです、リーウェイなどのネットワークビジネスに勧誘する時のよくあるパターンなのです。

 

勧誘される側としては…ただ純粋にランチやお喋りを楽しもうと思ってたのに…

勧誘されるために呼ばれたのか…

と悲しい気持ちになってしまいますよね。相手のことが嫌いになりそうですよね…

 

しかし少し待ってください!相手はネットワークビジネスのやり方を忠実に守っているだけです。

 

場合によっては友達は悪気なく、行っている可能性もあります

 

リーウェイやビジネスに興味がないから断りたいけど友達との関係が悪くなるのも嫌だな…

 

でも断って気まずくなるのも嫌だな…

 

相手との関係を崩さずに断る場合はどうしたらいいのか困りますよね。

 

リーウェイや副業に興味があればいいのですが、全く興味がない場合どうやって断ればいいの?

 

リーウェイなどのネットワークビジネスを断る際に絶対にやってはいけない行動、行ってはいけない場所があります。

 

ここでは多くの人が悩んでいる「リーウェイに勧誘された時の断り方」についてお教えしたいと思います。


勧誘しない自宅で出来るネット集客のネットワークビジネスでダウン構築する方法とは?

ネズミ講は違法になる

まず、初めにネズミ講とネットワークビジネスの違いはご存じでしょうか?

 

ネットワークビジネスをネズミ講と混同して、断る・相手を止める方が意外と多くいらっしゃいますが、ネットワークビジネスとネズミ講は全く別物です。

 

ネットワークビジネスは商品の販売が目的であり商品が必ずありますが、ネズミ講はお金を得ることが目的なので商品は無く、お金のやりとりだけが行われています。

 

つまり、ネットワークビジネスとネズミ講の決定的な違いは物があるか否かです。

 

ネットワークビジネスは会社に販売するための登録費用を払い、物を売る権利を買えば、物を売って儲けることも出来ます。

 

誰かを勧誘して商品を買ってもらう、勧誘した友人が商品を売ればお金ももらえます。

 

この仕組みは、物が介在しているので合法なんです。

 

しかしネズミ講は登録費用を払い、グループに参加し、他の人を勧誘したときにお金をもらう

 

と言う仕組みは、物が介在せずネズミ講になるので違法です。

 

もし、その勧誘がネズミ講であれば、無限連鎖防止法によりその友人は処罰されることになります。

 

どんなタイプの人が勧誘されやすいのか


ネットワークビジネスは始める際に100人又は200人リストを作ります。

 

このリストというのは、自分の交友関係・親族など連絡がつく人をリスト化していきます。

 

相手の気持ちや立場など関係なく、リストを埋めていきます。

 

もし、あなたが勧誘する側になった時のことを想定してみましょう。

 

勧誘する相手はどんな人を選びますか?想像しますか?

 

人当たりの良い、気の弱そうな人、優しそうな人を選びませんか?

 

あなたは「勧誘しやすいターゲット」にされてしまったんです。

リーウェイ勧誘ABCの実態とは?

リストを作った後は、リストに沿って実際に勧誘活動を行っていきます。

 

ネットワークビジネスで勧誘の定番なのがABCという勧誘方法です。

 

ABC勧誘というのは

A⇒Adviser(説明する人)
B⇒Bridge(勧誘してきた人)
C⇒Client(あなた)

となります。

 

Aさんは契約を取るのに真剣なので契約すると言うまで説明し続けるようなことになり兼ねません。

 

ただ、このやり方は、ひと昔のやり方となっています。

 

現在のネットワークビジネスは、アポイントを取る際にネットワークビジネスの勧誘の説明だと伝えてから、呼び出さないといけないことになっています。

 

しかし、今でもネットワークビジネスのアポイントだと伝えると会ってもらえないという理由で、事前に伝えずにアポイントをとり勧誘活動を行っている会社・グループは確かに存在します。

 

完全に違法ですが…

 

また、こういった事前にネットワークビジネスの勧誘だと伝えない会社・グループでは、まずいきなりネットワークビジネスの話はしません。

 

まず、世間話をして、そこから仕事・給料・将来の老後の話など徐々にお金の話に誘導していきます。

 

まず、この段階だと露骨にネットワークビジネスの勧誘をしてきていないので断りようがないですよね。

 

そこで、話の途中で違和感を感じたら「何か別の目的があった?」とストレートに聞いてみましょう。

 

もし、あなたがリーウェイのビジネスに興味があるのなら、冷静に話を聞いてみてもいいかもしれません。

 

その際疑問はしっかりと質問しましょう。

リーウェイの勧誘の上手な断り方


仲の良い友達だから、お世話になっている先輩だからといって軽々しく承諾してネットワークビジネスを始めることだけはやめましょう。

 

厄介なのが、こういう類の人達だと「断りにくいな」「ちょっと聞くくらいなら」と思うかもしれません。

 

しかしキッパリ断るべきです!

 

興味がなければ、その場でハッキリと断りましょう。

 

ネットワークビジネスはその名の通りビジネスです。成功して上手く稼ぐ人もいますが、反対に損する人もいます。

 

ビジネスなので全員が成功することはありえません。失敗する人も当然いらっしゃいます。

 

そういった世界に、軽々しく参入することはオススメしません。

 

もし、勧誘してきた友人と今後も関係を続けていきたいのなら、

・リーウェイビジネスや商材の否定はしないこと

・友人のアップラインの否定はしないこと

 

この気遣いが大事です。

 

恐らくですが、あなたの友人も緊張しながら誘ってくれたと思います。

 

あなたにとってリーウェイや商材に興味がなくても否定はしないでおきましょう。

 

このことを理解したうえで、尚もハッキリとストレートに断ることが必要です。

 

中途半端な断り方では、相手はまだチャンスがあると思い、うまく丸め込まれてしまいます。

 

反論しにくい理由を言って断りましょう。

 

「親切に勧誘してくれたことはよく分かったけど、私はこのビジネスや商材に興味がない」

「このビジネスに一生懸命なのは分かったけど人と関わるのが苦手だから勧誘できない」

 

もし、ストレートに断っても、しつこく勧誘してくるようであれば、残念ながらその友達は友達でありません。

リーウェイの勧誘のダメ断り方


では、やってはいけない断り方をお教えします。

・後で考えるね

・家族に相談してみる

・お金がないから

・時間がないから

・忙しいから

こんな無難な断り方はやってはいけません。

 

ネットワーカーの人たちはこんな言葉を沢山聞いてきた言い訳です。

 

反論、対処にはなれています。

 

逆に追い詰められることになります。

 

「逃げてばかりだと人生の敗北者として終わってしまうよ」

「決断を先延ばしてもいいことない」

「家族に相談?自分のことは自分で決めるべきだよ」

「時間がないなんてありえない」

「今が変わるチャンスだよ!」

「自分の人生は自分で切り開かないと」

「お金がないからじゃなくて、やりたいのか、やりたくないのかが大事」

 

こうやって畳み込まれて説得されるだけです。

 

気の弱い人はもう契約に持っていかれちゃいます…

まとめ


仲の良い友人からリーウェイに勧誘されると、断るのには結構勇気が要りますよね。

 

断って、その友人との関係が悪くなってしまうことを想像しますもんね。

 

下手な言い訳はしないで、ストレートに飾らないで言い訳もせず断りましょう。

 

断れなかったばかりに、そのビジネスに労力とお金を使い、友達とお金を失ってしまった・・・

 

なんてことにならないよう、やりたくない場合には「断り方」を思い出して断りましょう!

  • キッパリ断る
  • 曖昧な返事はしない
  • 二度と勧誘させない
  • 友人関係を続けたいなら考えるべきことがある

 

法に触れる勧誘はできないので引き下がってくれるでしょう。

 

100以上の特許!
100ヶ国以上で取り扱われている
競合がいない最新ビジネス!
・アンケートに答えて諸経費を提供
・世界初の100種類の特許をもつ
・全米のTV、雑誌や新聞に取り上げられ大注目のビジネス
・非薬物技術でアスリート、トレーナー、医療従事者、一般の方々からも関心を集めている。
・100ヶ国以上で取り扱われ、80以上の研究、100以上の特許があり競合がいない。詳細はこちら

若返りのNMNビジネス

若返りビジネスを始めませんか?
「低予算!」「高収入!」
「月々の定期購入なし」
「有名人も愛用」
最短で月収100万円を目指す!
リーウェイ
権利収入型のビジネス
タイトルとURLをコピーしました