最先端の若返りビジネス

ドテラは本当に儲かるの?仕組みなど調べてみました!

doTERRA(ドテラ)
この記事は約15分で読めます。

多くの方がコロナショックを経験し、今ある仕事での収入が安定するものではないと感じた方がほとんどだと思われます。

そうした時代の中でも副収入を求めて、副業を探している方が非常に多くいらっしゃいます。

しかし、副業といってもアルバイトなどの時間に対する労働収入ではなくネットビジネスなどは成果報酬が多くなっています。

ネットビジネスの成果報酬は誰でも始めることが出来ますが、知識・技術がないと稼ぐことは難しいといえます。

その点ネットワークビジネスは専門的な知識・技術を必要とせず誰でも始めることが出来る副業・ビジネスです。

ネットワークビジネスの数ある会社の中でも、ドテラはエッセンシャルオイルが有名な大手企業の1つです。

ドテラのネットワークビジネスって

●「儲かるよ

●「副業に向いている

●「副収入欲しくない?

言われて勧誘されますけど本当に儲かるのか半信半疑ですよね。

ドテラ・ネットワークビジネスについて検索すると以下のようなものが非常に多く始めるのが不安になります

●「マルチ商法なんて儲からないよ」
●「詐欺だよ」
●「上の人だけが儲かるだけ」

まず、ドテラなどのネットワークビジネスについて違法だと勘違いされている方が多いですが、ネットワークビジネスは違法ではありません。

ドテラなどのネットワークビジネスはマルチレベルマーケティング(MLM)と言います。

日本では連鎖販売取引マルチ商法と言われているようです。

マルチとは、’多段階’という意味があり、多段階の組織構成で商品の販売を行っていくことが基本のビジネスなのでMLM(マルチ・レベル・マーケティング)と呼ばれています。

多段階の組織と聞くと特別な感じがしますが、一般的な会社でも社長・部長・課長・係長・正社員など多段階の組織で構成されており会社を運営していますので、大きな違いはありません。

マルチ商法とよく間違えられている、ねずみ講とは無限連鎖講という名前で定義されていて、トップのみが儲かる詐欺です。

MLMは商品の・販売ービスの宣伝が主目的でありますが、ねずみ講はお金のやり取りが主目的なので商品やサービスがありません。

どちらも構造がよく似ているので詐欺だと思っている方が多いようですが、ドテラなどのネットワークビジネスは詐欺ではなく立派な商法の一つです。

海外では当たり前のビジネスなのですが、日本ではひと昔前にネズミ講が世間に多くあり、そのせいもあってかMLMと聞くと良いイメージがないですよね。

本当にドテラは儲かるのか?実際儲かる仕組みはどんな感じなのか?

ネットワークビジネス経験者たちに聞き込みしてみました。

儲かる人と、儲からない人もいるはずなので、儲からない理由も調べてみました。

若返りをビジネスに!?NMNを用いた次世代のビジネスとは?

報酬が生まれる仕組み

ドテラなどのネットワークビジネスは以下のような派手なイメージがあります。

・「月収100万以上!

・「本業にもできる」

普通のサラリーマンや主婦を続けているだけでは、到底実現できない収入を生み出す可能性があると言われると紹介されれば、夢を叶えたいって人にとっては魅力的です。

お金では幸せは買えませんが、時にはお金が無いとやりたいことも出来ません。

やはりお金は大切です。そのため、やりたいことをやるためにはお金が必要ですし、その可能性としてネットワークビジネスについて聞かされると衝撃を受ける方もいるかと思います。

日本では新たな経営者ではなく労働者が欲しいため、日本の教育は労働者を生み出す教育であり、個性を生かすのではなく協調・和を育てる風習があります。

そのため日本では、周囲との協調・和を大切にしながら会社の勤めて労働することが当たり前になっており、ネットワークビジネスのような個人でビジネスを行って稼ぐという話はあまり耳にする機会がありません。

ドテラのネットワークビジネスの仕組みと魅力を知ってしまうと会社に勤めることを疑問に思う人が多くなってしまうかもしれません。

次にドテラはどのようなビジネスで、どのような仕組みか分からないという方に解説していきます。

報酬の仕組みの特徴とは?

一般的な商品の流通はメーカー➡問屋➡小売店・販売代理店➡消費者という順に消費者の手に渡っていきますよね。

消費者までに複数の中間流通業者を介したり、TVや雑誌、広告、インターネット、ラジオでの宣伝活動を行ったりすることで莫大なコストがかかり、原価に対して小売価格が高くなる特徴があります。

原価数円の物が数百円で売られているということも当たり前のようにあります。

私たちがいつも支払っている金額には広告代・運送費・小売店販売費などが加算されているということです。

私たちは実際の原価よりも、そういった商品の質・量とは関係のない部分に多くお金を支払っています

しかし、ドテラなどのネットワークビジネスは、販売員が直接口コミで商品を宣伝し、商品が売れるとメーカーから直接消費者に運送されます。

つまり、余計な仲介を無くして純粋な「人と人との口コミ・紹介」で商品が世に広まります。

この利点としては、テレビCMなどの広告費や小売販売費などの費用がなく、商品そのものの価値に近い料金を支払って商品を使うことが出来ます。

こうしてみると余計なお金を支払わず、比較的商品そのものの価値にお金を払うことが出来るのでMLMの仕組みは良いビジネスのように感じます。

私たちは普段から、色々なものを宣伝していたりするものです。

おいしいラーメン店やオススメの化粧品、日用品、嗜好品など、無意識の内に宣伝しています。

しかし、通常なら口コミで宣伝してもお金は入ってきません。

MLMはそうした商品の宣伝が収入に繋がる可能性を秘めており、あなたが商品を紹介・口コミした相手が商品を愛用して毎月使って頂けたら労働しなくてもその分の広告代が毎月入ってきます。

このように通常なら商品購入者は良い商品を紹介してもらい、紹介した人は紹介料をもらいお互いにWIN-WINな関係のはずです。

しかし、MLMは日本ではあまりよいイメージがないのが残念です。

次にMLMの収入の仕組みを少し詳しくみていきます。

働かなくても報酬が発生する仕組みがある(権利収入)ことです。

☆ドテラのネットワークビジネスの仕組み

• 口コミによる直接販売を行う仕組み

• 一般的な流通形態とは異なり、販売元のメーカーから直接消費者へ販売する仕組み

• 販売元と消費者の間に中間業者が存在しないので、広告費や流通コストなど中間マージンがかからない仕組み

これらは先ほどお伝えしましたが、余計な費用がかからないのが、MLMのよいところです。

MIKI
KUMI

ネットワークビジネスは、基本的には中間マージンが掛からない仕組みなので、その分の経費を販売員に還元できるのです。

<報酬の例>
あなたが2人の友人にドテラを伝える↓

2人の友人も同じようにドテラの商品を使い始める↓

自分がドテラで商品を購入することで得られるボーナスやあなた以外の人に小売りをして稼いだ収入を得ていたのに加えて、友人がドテラから購入した商品金額の一部をボーナスとして受け取ることができる。
MLMでは、商品を紹介することもビジネスですが多くは同じ紹介者を探すことが非常に多いです。
愛用者ではなく、紹介者を探すメリットの方がはるかに大きいからです。

あなたの友人が、商品の売れるディストリビューターになったとしたら、その功績に対してもボーナスが支払われるようになり、友人が売り上げた金額の一部も自分の収益とすることができるようになるのです。

紹介者を探すことで、あなた自身と友人などにより多段階に組織を構成していき、商品流通を広げていく(マーケティングを行う)のでMLM【マルチ・レベル・マーケティング】と呼ばれています。

ドテラのようなネットワークビジネスではたった2人の友人に伝えただけで、自分が労働した分以外の収入を得られるようになる可能性を秘めています。

より少ない労力でお金を稼ぐことができる可能性を秘めているのが、ネットワークビジネスの仕組みの特徴です。

MIKI
KUMI

もう少し簡単に言うと宣伝広告費 ⇒ 紹介者へ配分ということです。

宣伝広告費って大きな費用なので、それを口コミで愛用している人が広めるので凄い拡散力です。

紹介すればするほど自分の収入に繋がり安定した収入になります。

となると、仕事として「儲かる仕組み」を上手く活用して収入を得る人も出てくる。

会社だけが売り上げを取るのではなく、紹介した人に報酬として還元されるので理想的で魅力的な報酬の仕組みなのです。

ドテラの仕組みの魅力

先ほどもお伝えしましたが、普段の生活で私たちは当たり前のように口コミをしています。

近所の美味しい飲食店や安かったスーパー、良かった化粧品や日用品など様々です。

しかし、普段の生活では口コミしても報酬がもらえる仕組みはありませんよね。

やはりドテラなどのネットワークビジネスのよりよい報酬の仕組みの特徴は、口コミすることにより報酬がもらえることです。

そして、ドテラの仕組みの魅力は、印税収入・権利収入になることです。

印税とは、ミュージシャンでは曲が売れる、小説家では本が売れるとその一部が収入として入るものです。

お客さんがいる限りは、働かないでも収入が入ってきます。

MIKI
KUMI

ドテラは、顧客を集めることによって権利収入を得ることができる仕組みがあり、この仕組みこそが最大の魅力です。

ここまではドテラのようなネットワークビジネスの魅力についてお伝えしました。

では実際にドテラのようなネットワークビジネスの優れたビジネスモデルを利用して成功している人はどれぐらい存在するでしょう?

多くの人が知っている通り、成功者はごくわずかという事です。

これだけ優れたビジネスモデルなのに、なぜ、これほどまでに稼げないビジネスとなってしまっているのか不思議で仕方がないほどです。

では、なぜドテラのネットワークビジネスで稼ぐことは難しいのでしょう?

実は、多くの人が見落としてしまっていることがあります。

その大きな原因が、ドテラのネットワークビジネスでの成功を妨げているのです。

では、その原因とはなんでしょう。

ネットワークビジネスとは人から人へ商品を紹介し、人間関係の中で行っていくビジネスです。

MIKI
KUMI

どんな仕組みでドテラのネットワークビジネスが広がっていくかというと!

① まず、友人などから、商品、ビジネスについて紹介されます。

 興味があれば、セミナーなどに参加し、そのドテラのネットワークビジネスを理解し、開始したいと思えば、会員になるわけですね。

 そして、、その商品を使ったりビジネスの仕組みで自分も儲けようと思えば、友人などに紹介していくわけです。

 そこで友人が興味を持ってくれて商品を買いたいと思ってくれれば、その人も会員になってもらい、自分からではなく会社から商品を購入してもらいます。会社から購入するので、在庫などは持つ必要がないわけですね。

 友人が商品を購入したら、売り上げの数パーセントが紹介者に還元されるという仕組みです。紹介手数料が還元されるイメージですね。

 さらにその紹介者が友人などを紹介し、その人が会員になり商品を購入すれば、その分も還元されていくという仕組み

悪いイメージや仕組みの罠

紹介された側・勧誘された側が、商品やビジネスを必要と考えていなかった。

・「売りつけられた!」

・「金稼ぎのために、自分を利用しようとした!」

相手に言われてしまう場合もあるようです。

ネットワークビジネスでは自分本位で、まず声を掛けやすい人から口コミしていくことが多いですが、その相手が商品やビジネスを必要としているかどうかは、また別の話です。

相手が商品を必要としているか?ビジネスを必要としているか?しっかりと見極めて伝えるか、タイミングを次回にするか、判断する事で、拒否されることはなくなりますよね。

自分の周囲に商品やビジネスに興味のある人がいないと、口コミ出来なくなります。

ドテラの仕組みは素晴らしいのですが、このようなことから、持っている人脈で成功したいと考えている人が強引にビジネスをします。これらの人が仕掛ける罠には注意が必要です。

ネットワークビジネスで本当に重要なスキルは常に人脈を新規開拓していくことです。

それに気づいていない人、またはやろうとしない人が多いので強引な勧誘に走る人がいます。

ドテラの仕組みを説明した後、以下のようなことを言ってその気にさせられます。

・『必ず成功する。』

・『誰でも簡単に出来る。』

・『はやく参加したほうが有利だ。』

しかし、これらのことを鵜呑みにし、考えなしに参加することや借金をしてまで参加することはやめましょう。

ドテラは、無計画に取り組んだり、多額の投資をするビジネスではありません。

少額の参加費用で、コツコツと積み重ねて努力することに意味があるのです。

次世代は若返る時代!?若返り成分NMNを用いたビジネスとは?

ドテラで儲かる人のやり方や共通点

思考は現実化する」「潜在意識」という話は、成功者の多くが語っています。

MIKI
KUMI

まさか~!そんな簡単にイメージすれば叶うなんて・・と思う人も多いようですが、そう思ってしまうから実現しないで人生が終わるのかもしれませんね。

成功者の「イメージを具体的に持つ」「潜在意識」という人間の不思議な底力を信じていくこともしたうえで、真剣に1年でもネットワークビジネスに取り組むことができれば、人生は大きく変わるかもしれませんね。

まず、ドテラの報酬の仕組みを理解することです。

報酬が自分に入るということは、この業界では、自分のグループ内での製品流通量が増えているということです。

サプリメント一つでも、化粧品一つでも、毎月リピーターがいて、さらに新規のメンバーも獲得できるということでしょう。

登録だけして、幽霊会員状態で、製品を全く愛用していない人の集まりというのが一番儲からないパターンです。

儲かるというのは、自分だけが成果を出しているのではなく自分のダウンラインが活発に動いている割合が多くダウンラインが紹介者となり製品流通を増やしているということです。

ネットワークビジネスでの仕組みでは、この製品流通をポイントとして製品にポイント設定し、そのポイント数で報酬計算されたりしています。

主力製品をしっかり把握して、何を売ったら報酬が多く入るのか、というビジネス戦略も必要ですが、その前に一番肝心なのは「アプローチできる人がいるかどうか」でしょう。

口コミ勧誘が主流の世界です。

実際ドテラをやった友人達にメリットを聞いてみました。実際ビジネスをリアルにやってみると、報酬以外でも得られる物があるみたいですね。

•新しい魅力的な人脈が開拓出来、本業にいい影響が出た。
•素晴らしい環境により自分自身が魅力的な人間になった。
•様々な面で自身のスキルアップが出来た。
•高品質の商品を生活に取り入れることができ、日々の生活水準がUPした
•マインドが高くなって、考え方が変わり、出世した。

ドテラで儲からない人のやり方や共通点

・明確な目標、期日を儲けずにいた
・普段の忙しさを理由に真剣に取り組めなかった
・人脈が尽きて、途中であきらめた
・製品愛がなかった

ほとんどの人が、いつまでにこうなりたい!という明確な目標がなく、なんとなくセミナーに参加していたり、誘う相手がいなくなったら諦めてしまったり・・・

普段の忙しい日々を理由に、活動自体をしていない。という人も多いようでした。製品を愛せないがゆえ、自己消費分も買わないで終わる人もいたり・・・

結局は、真剣に取り組めているか、その取り組める背景に「叶える夢、目標」そして「明確な期日」というモノがないと儲からないまま。時間ばかりが過ぎてしまう、場合が多いようです。

ネットワークビジネスの会社によって製品はさまざまです。

ドテラにはドテラの主力製品があり、魅力があります。

もちろん、前述したとおり、口コミ勧誘という手法があたりまえの中、人に伝わりやすい製品、そうじゃない製品とあるでしょう。

「これを売ったら、自分は儲かるのに・・・」と思っていても、それが高額だったりしたら、なかなか口コミをしてもダウン獲得にいたらないことも多々あるのではないでしょうか。

押し切りすぎて、今度は嫌われたりして、話を聞いてもらえないということが「このビジネスはうまくいかない儲からないのでは」とあきらめてしまう要因です。

その時点で儲からないと判断してしまいます。

過剰に在庫をかかえすぎたり高額製品を購入したりして自分がビジネスを続けられない環境に陥ってしまうことです。

アップが、もっと製品を愛用しなさい!今月〇〇ポイント買いなさい!と本来の仕組みとは違った要求をしてそれに頑張りすぎて自分が経済的に苦しくなって家計を圧迫してビジネスを続けられなくなるという問題。

そうなると「こんなの続かない!このビジネスは儲からない!お金でていくだけ!」という状態になりますからね。当然です。

儲かるというのは一つは信頼関係

まとめ

ドテラのネットワークビジネスで成功するためには、紹介したように上記の要素が大切となってきます。

誰でも始められるネットワークビジネスですが、誰でも成功できるわけではないことが分かりましたね。

簡単そうに見えるけど簡単ではなく単純なものです。

成功のチャンスは誰にでもあります。

ただ、勘違いしないでいただきたいのは、簡単にすぐに大金は稼げません。

ここを理解できていないと失敗しやすくなります。

今後、AIの普及やITの技術革命が進んでいき、なくなってしまう職業も出てきます。

企業もリストラ対策をしたり、不景気で倒産したりと、働きたくても働けなくなった時困りますよね。

他に何も頼るものがなく、会社も守ってはくれない、人生どうなるか分からないので、副業があった方が穏やかに生活できるかもしれません。

年金もあてにならない今、これから先自分の将来は自分で守らなければならないという時代になっています。

リストラや倒産だけではなく、病気になって働けなくなる、定年、離婚など様々な原因で仕事を失い、収入減を失う可能性があります。

国税庁によると2014年の平均年収は414万円。契約社員、派遣社員など非正規雇用となれば、これよりもっと少ない金額となります。一方で平均寿命は延び、男性も80歳まで生きる時代となりました。65歳で定年退職するとして、その後15年間生活するための老後の蓄えが必要となり、1カ月の生活費を20万円とすると1年で240万円、15年では3600万円にも上ります。

そうならない為に、ドテラのネットワークビジネス始めて生活費の足しに、副業から始めて本業にし安定した生活費を稼いでいった方がいいかもしれないですね。

私は口コミ勧誘をやめて成功しました!勧誘しない知人友人を誘わないMLM成功法とは?

 

100以上の特許!
100ヶ国以上で取り扱われている
競合がいない最新ビジネス!
・アンケートに答えて諸経費を提供
・世界初の100種類の特許をもつ
・全米のTV、雑誌や新聞に取り上げられ大注目のビジネス
・非薬物技術でアスリート、トレーナー、医療従事者、一般の方々からも関心を集めている。
・100ヶ国以上で取り扱われ、80以上の研究、100以上の特許があり競合がいない。詳細はこちら

若返りのNMNビジネス

若返りビジネスを始めませんか?
「低予算!」「高収入!」
「月々の定期購入なし」
「有名人も愛用」
最短で月収100万円を目指す!
doTERRA(ドテラ)
権利収入型のビジネス
タイトルとURLをコピーしました